酒煙草極私的感想集: 瑞泉 青龍

2012年07月22日

瑞泉 青龍

228.jpg2010年12月に瓶詰めした瑞泉 青龍です。
1年半の瓶内熟成も期待できます。

古酒ならではのまろやかさが心地良いです。
さらっとしているので、水割りやロックよりも、軽く冷やしてストレートが、香りと味わいを一番楽しめる気がします。
ツマミはコッテリ系よりサッパリ系のほうが相性良さそうです。

ラフテーよりミミガーって感じでしょうか。

今、このblogを書くのに泡盛百科を見てみたら、受賞歴に
2005年 全国酒類コンクール泡盛部門第1位受賞、
2008年 iTQi(インターナショナルテイスト&クオリティインスティトゥート) 2つ星受賞、
2008年 「アナタが選ぶ地酒大show2008冬」お湯割りにして美味しい焼酎部門シルバー賞受賞
と書かれていました。
なるほど、お湯割りも香りがより膨らむし、確かにいいかもしれません。
とは言っても、この時期お湯割りは気分じゃないし、それに試そうにも、もう一瞬で開けてしまいました。

今年の冬、もう一度買って、今度はお湯割り試してみようと思います。
【泡盛の最新記事】
| Comment(0) | 泡盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。