酒煙草極私的感想集: 手巻たばこ

2013年10月16日

blue note (ブルーノート)

blog_bluenote.pngダンタバコというパイプたばこのブランドに、同名同デザインの缶入りパイプたばこがありますが、それのファインカット版が発売になりました。
パイプたばこの刻みを細かくしたことで手巻きでも楽しめるようになりました。
手巻き専用というわけではないため、巻紙は付属していません。
ほんのりと甘く、コクのある喫味は高級感があります。

基本がパイプ用なので、手巻き用のシャグより水分大目です。
その分香りが高いのですが、もう少し火持ちが欲しい。
ということで、パウチ内の葉をほぐし、数日室内に置いておきました。多少乾燥したことで火持ちも良くなり、また思ったほど香りが飛んでしまうこともなく、上品な味わいが楽しめます。

紙が付属していないので、お好みの巻紙を選んで頂けますが、コクの深さを楽しめるスローバーニング系の巻紙がオススメです。

2013年10月03日

Bali Shag HALFZWARE (バリシャグ ハーフスワレ)

bali halfzware.pngBali Shagの青、ハーフスワレをご紹介します。

ハーフスワレはよく「出汁」っぽい喫味と言われ、好みが分かれるんですが、私は基本的に好きです。
これは、ハーフスワレの特徴が薄め。
Baliシリーズの喫味は自己主張控えめで、インパクトには欠けますが、常喫にちょうどいい感じです。
その代わりパッケージの文字サイズは主張してますね。あまりカッコイイとは思えないんですが。

乾燥すると刺々しさが目立つように感じました。
シャグは、残り少なくなってくると、どうしても乾燥しやすくなりますので、最後まで楽しめるよう、加湿に気を配ったほうがよさそうです。

2013年10月01日

Bali Nature (バリ ネイチャー)

bali nature.pngチョット前に発売になった新製品BaliのNatureです。最近流行りの無添加系です。
同時に発売になったバージニアとハーフスワレはBali Shagというブランド名なのにNatureだけはShagが付かないのはどういう意味なんでしょうか。
喫味はアメリカンブレンド&無添加らしい嫌味のない感じ。
マックバレンのアメリカンブレンドより軽く、スー、ラスタ、チェといった無添加系よりも無添加らしさが際立った感じです。
簡潔に言えば薄味。

悪い意味ではなく、濃い喫味のシャグを色々楽しんでいると、このくらい吸いやすいたばこがたまに吸いたくなるんです。
Baliのシリーズはがっつり系からサッパリ系まで程よいラインナップになっていると思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。